自分の未来を開拓する!
そのヒントが済美高校のキャリア教育にはあります。

多様な分野の講師の先生から学問や生き方について学びます。

対象/1年生全科・コース

考えることについて、考える

AMI Advisory GmbH
中尾 光太郎 氏

オンライン

対象/特進スポーツ科学コース

エールと、ともに

元卓球選手 五輪金メダリスト
水谷 隼 氏

対象/特進エクセレント 特進スタンダード
   総合進学コース

海洋プラスチックと科学物質による海洋汚染

愛媛大学 大学院 博士課程
須之内 朋哉 氏

対象/特進文系コース

統計の初歩

松山大学
井草 剛 氏

対象/特進文系音楽専攻コース

一番大切なことは「~今、どうするか~」

“Me’s Music & Body”
清水 美千子 氏

対象/特進理系コース

久万高原サイエンス合宿

面河山岳博物館
矢野 真志 氏

対象/特進国際コース

語学+αで広がる無限の可能性!

株式会社
フリークアウト・ホールディングス
對馬 孝 氏

対象/特進総合進学・情報コース

松山東雲女子大学・松山東雲短期大学 キャンパス訪問

松山東雲短期大学
市河 勉 氏 他

対象/情報コース

地方のチェンジ・メーカー育成プログラム
~地域の魅力と課題を見つけよう~

砥部焼伝統産業会館
山田 白水(邦男) 氏

対象/食物科学コース

高校大学連携講座 食の新常識を知ろう!

美作大学短期大学部
桑守 正範 氏

オンライン

対象/食物科学コース

いよぎん金融教育講座
いよぎんジュニア未来塾 in 済美高校
~社会人になる前に知っておこう~

伊予銀行
赤塚 昌弘 氏  長岡 美佐 氏

対象/美術科

絵具・岩絵の具 素材から考える

女子美術大学
橋本 弘安 氏

オンライン

探究学習

キャリア教育から探究学習へ!
     その学びが確かな学力につながる。

 探究学習は、生徒自らが課題を設定し、情報収集・整理・分析、周囲の人との意見交換・協働などにより解決に向けての取り組みを進めていく学習活動です。高校では「総合的な探究の時間」を中心に、主体的な学びを通して、自己の生き方、在り方を考え、自分自身の未来へ繋がる課題を発見・解決していくことを目指します。探究学習で身につけた思考力や判断力などの学びは確かな学力にも繋がります。

子どもの成長とリトミック

 子どもの成長と音楽の関係性に興味を持ち、リトミックという教育方法について研究しました。済美幼稚園でのリトミックの見学や実習を通して、音楽は子どもの成長に不可欠であり、子どもの様々な能力を養えることが分かりました。

大森 樹梨加

チーム名/ 子どもを支え隊

総合進学コース3年生

松本 純花
高浜中学校
出身

大森 樹梨加
南中学校
出身

田窪 美優
鴨川中学校
出身

谷本 佳澄
砥部中学校
出身

アートで世界を彩る

チーム名/ 癒しの匠班

美術科3年生

長津 そら
勝山中学校出身

西川 生来
久米中学校出身

石尾 実ノ里
内子中学校出身

水木 りか
津田中学校出身

上岡 由佳
内子中学校出身

中岡 美葉
雄新中学校出身

 私たちは、ホスピタルアートについて調べ、図書館横のスペースを心安らぐ癒やしの空間に変える研究を行いました。この研究を通して、アートには人々の心を励まし元気づけ、明るくする力があることを改めて実感しました。

上岡 由佳

減塩食で長生きに

 私たちは、減塩食を作り、市販のものと味や塩分濃度などを比べました。そして、野菜の旨味を活かす、薬味を加える、醤油スプレーを使用するといった工夫で、物足りなさを感じず減塩する方法を学びました。

倉橋 ゆり奈

チーム名/ 減塩食

特進文系コース3年生

三好 春美
久谷中学校出身

越智 萌々子
桑原中学校出身

倉橋 ゆり奈
城西中学校出身

海と山の幸でみんなを笑顔に! ~smile for you ~

チーム名/ いりこの冒険

食物科学コース3年生

山内 愛美
道後中学校
出身

河野 光姫
勝山中学校
出身

玉井 珠寿
鴨川中学校
出身

山本 李乃
東中学校
出身

松村 咲
城西中学校
出身

山田 瑞姫
雄新中学校
出身

横井 咲原
雄新中学校
出身

 私たちは、上灘漁港で獲れたいりこを使い「いりこナゲット」という商品を開発しました。双海シーサイド公園のシェフの方と協力し、心を込めて作りました。漁師さんたちを助けたい気持ちを形にできたのでとてもやりがいを感じました。

山田 瑞姫

愛媛県の動物保護事情を改善するには

総合進学コース3年生

松森 詩音
砥部中学校出身

下田 知佳
雄新中学校出身

出海 結子
道後中学校出身

磯﨑 未来
椿中学校出身

菅 愛実
南第二中学校出身

 愛媛県は犬猫の殺処件数や頭数が全国で最も多い県であることを知り、解決のためには何が必要かを考えました。現状を知るために行政機関や保護猫カフェを取材し、犬猫の愛護問題は地域の問題であることを発見しました。

下田 知佳

チーム名/ アニマルレスキュー

SAIBI Active challenge

総合的な探究の時間【1年生】

PBL:Project Based Learning(課題解決型学習)

 世界の台所探検家である岡根谷実里先生からのご指導を受けながら、「料理の台所探究」をテーマに、PBL形式の探究学習を行った。各グループで選んだ国の代表料理を作る過程を通して見えてきた人々の暮らしやその他方の地理、歴史などをポスターにまとめ、岡根谷先生を審査委員長としてオンライン発表会を行いました。

特進国際コース2年生

西原 瑠唯
北条南中学校出身

 グローバル化が進む世界では、自分とは異なる習慣や伝統を持つ人々との共生が避けられなくなっています。今回の発表を通して、食生活を理解することの大切さが分かりました。また、多種多様な文化・価値観を持つ人々とお互いに理解しあうための基礎的な知識を得ることもできました。この研究を特進国際コースでの異文化理解の授業などに活かしていきたいです。

特進スポーツ
科学コース2年生

大澤 鈴夏
西中学校出身
(今治市)

 私たちは運動部に所属しているため、「世界のアスリート食」をテーマに取り組みました。調べた結果、世界と日本のアスリート食には共通点もあり、自分たちのアスリートとしての食生活を見直すきっかけになりました。また、人種によって体格、生活環境が違うなど、今後のアスリート食研究の課題を新たに見つけることができました。

 日常生活で排出されたプラスチックは海洋生物だけでなく、私たち自身にも悪影響を与えています。今回、ドキュメンタリー映画「マイクロプラスチックストーリー ~ぼくらが作る2050年~」を視聴し、映画の製作者である佐竹敦子監督に直接アドバイスを頂きながら、問題解決のために自分たちに何ができるかを探究し発表しました。

総合進学コース2年生

大宅 海碧
小野中学校出身

 プラスチック削減の解決には、現状を見つめ直し、広い世代に知ってもらうことが必要だと思い、暮らしている街や企業がプラスチック削減のために行っている取り組みを調べました。そして、小さい子供向けにペープサート(紙の人形劇)を作成し、現状を知ってもらう活動を行いました。

特進文系コース2年生

岡本 透
重信中学校出身

 自分たちは、脱プラスチック製品として「竹ストロー」を実際に作成し、使用することによって、説得力のある内容にこだわり探究しました。竹の素材調査や試作品を作りながら作成工程を試行錯誤するなどの検証実験を繰り返し行いました。今後も「実際にやってみる」を大切に探究活動に取り組みたいです。